個人でもできる風力発電にはメリットがある|信頼できる業者へ依頼

気象変動の影響

傘と家

梅雨時以降に増加

日本は木造建築が多いので梅雨時や台風シーズンには雨漏りの修理が必要となることが多く発生していました。最近はコンクリートの建築やユニット化による住宅の施工が増加して雨漏りの発生は少なくなっています。しかしながら窓の周辺や壁の取り合いなどでは雨漏りが発生するケースは少なくありません。最近の日本は気候の温暖化の影響で依然の東南アジアのように雨が激しく降るケースが増加しています。梅雨時でもしとしとと雨が降ることは少なくなり、激しい雨のために雨漏りが発生することに繋がっています。激しい雨が繰り返されるとシーリングやコーキングの部分の劣化の進みが早くなるからです。以前のようにバケツで雨漏れを受けることはありませんが、雨がしみ込んで建物を傷めることに繋がります。

工事が集中する

雨漏りに対応する工事は梅雨時から台風シーズンに集中するので必要な場合には早めに手配をする必要があります。春の季節の良い時期にシーリングやコーキングの状態を確かめて予め手配をすれば雨漏りで苦しむことを未然に防止することが可能となります。住宅を建設する際には出来るだけ埋め込み形式を選択すると、シーリングやコーキングの部分が少なくなるので雨漏り対策となります。木造家屋は老朽化の進展に応じて気象の環境変化を考慮して激しい雨にも対応できるようにリフォームすることも重要です。特に屋根の部分は気象の変化によって劣化が激しくなりますので、地震対策も含めて瓦からスレートに変更することは一つの有力な選択肢となっています。